ARCHIVES
サグラダファミリア
サグラダ・ファミリアの内装が去年完成した。

プレキャストコンクリートなども使われているせいか、

写真からは、どこか現代的な印象を受ける。

公式HPで見れます。)



しかし、その形態はやはりガウディ。

(と言ってしまうと語弊があるかも知れないが・・・)

神秘的、幻想的な空間になっているようだ。



雑誌に外尾悦郎さんの記事が載っていたが

その内容は、ものづくりに対する姿勢など

いろいろと考えさせられることが多かった。


真下に地下鉄が通ることになったり

市民の宗教離れが進んだりと

いろいろと問題も抱えているようだけど

完成して中央のキリストの塔が出来上がったら

是非見に行きたい。


目標は2026年らしいです。



最近、Underworldの「Barking」を聞きながら仕事してます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<衣料が変える生活空間 | あけましておめでとうございます。 >>